top of page
  • 執筆者の写真ESL

【陸上との出会い】冨岡コーチ編

こんばんは!

ブログをご覧いただき、ありがとうございます!


陸上スクールESLコーチの義勇こと冨岡コーチです!


今日のテーマは陸上が大好きなコーチの

【陸上との出会い】です!


僕は、陸上と2回出会いました。


2回?と思うかもしれませんが、僕が陸上競技を本格的に始めたのは高校生からで

それまではガチガチのサッカー少年でした。


そんなサッカー少年だった僕と陸上との2回の出会いをお話しします😁


小学生

これはゴールを勘違いしてる小学生の頃の僕(青ユニフォーム)の写真です😅


地区の学校行事として3年生から出場できる大会が行われて60m走に出場しました。


学校では常に1番でしたが学校から出ると上には上がいる。

それに気づかされた大会でした😅

僕は大の負けず嫌い、そして泣き虫で、試合に負けては泣いての繰り返しでした(笑)💦


小さい頃から走ることは大好きでしたが、この時はサッカーの方が好きでした!

(ちなみに小学校のときはサッカー以外にも、ソフト、水泳、相撲、バスケなどなど様々なスポーツを習っていました。)

いろんな習い事をさせてくれた両親には本当に感謝しかありません。


この学校行事があったからこそ、僕は陸上と初めて出会いました。



中学生

真ん中上の3番がコーチです。この時から格段に黒いですね。


中学3年生の夏。サッカー部キャプテンとして臨んだ最後の総体。

僕たちは負けました。

総体で負けてしまうと、サッカー部の中で足が速いと思われる選手は陸上部に駆り出されるという謎の文化があり、僕は陸上部に駆り出され選手として総体に出場しました。


すると、とんとん拍子に


地区大会優勝→県大会4位→四国大会出場


サッカーでは残せなかった結果を残すことができました。


この謎の文化があったからこそ、僕は陸上と2回目の出会いを果たしました。

この文化がなければ僕は陸上競技をやっていなかったかもしれません。


今でも、県大会の決勝の招集場所で歯を全力で喰いしばってガチガチに緊張していたことを鮮明に覚えています。

【試合までの圧倒的な緊張感、積み重ねてきたものが凝縮された一瞬の勝負。】

陸上競技に惹かれた瞬間でした。



最後に


そんなこんなで僕は、陸上競技と2回出会い、高校生から本格的に陸上選手になってきました。


僕は、陸上競技と出会えてよかったと心の底から思っています。

陸上競技と出会ったからこそ、たくさんの出会いや経験をしてきました。

陸上競技以外でもたくさんの出会いや経験をしてきましたが、僕の中では陸上競技の存在は何よりも大きくて他には代えがたいものです。


陸上競技をやっててよかった。陸上競技と出会えてよかった。

そう思ってくれる子どもたちで溢れるように陸上競技の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。


 

陸上スクールESLは、小学生を対象に成功体験を大切に練習している陸上教室(かけっこ教室)です!


「運動が苦手だけど速く走れるようになりたい」「走るのが好きで今よりも速くなりたい」

子どもたちの「挑戦」を尊重し「成功体験」へと導きます!



まずは、無料体験会へ!

下記、URLから無料体験にお申込みください





閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page